ふたり らしい

ここ数日、嬉しいことが続いてありましたので、今日はそちらをご報告させていただきます。
「嬉しいこと」というのは、以前挙式をして頂いた方からの久しぶりのご連絡なのです!
あまりに暑い夏の影響で、涼しい箱根を思い出して頂けたのかどうかは定かではないのですが、結婚記念日にお泊りに来ていただけるとの事!!
うれしい~!!(^^♪

c0084760_14182650.jpgそういえば、この夏休み期間も、わざわざ新婚旅行のお写真とお土産を持って遊びにきてくださった方もいらっしゃいました。この場を借りて・・・Aさ~ん、沖縄のお土産ありがとうございました!!

そう、そして遊びにいらっしゃって頂けるご連絡がある度、その時の挙式のことを思い出します。先日ご連絡を頂いたM様ご夫妻は、もともと箱根という場所が好きで、結婚式は絶対箱根!というのが一番のおこだわりでした。更にスノボが趣味のお2人のウェルカムボードは以前使っていたボードにペイントをしたとってもかっこいいものだったんだよな~とか・・・
c0084760_14193690.jpgあとつい数日前にご連絡を頂いたN様ご夫妻はなんといっても「野球場型のケーキ」!ラウンジで野球場のケーキのデザインを3人でああでもない、こうでもないと言いながら一生懸命に絵を描いたっけな~とか、お2人のおこだわりの「スライド上映&友人スピーチ」は当日ちょっとしたハプニングがありながらも、大成功だったな~とか・・・。

あたりまえかもしれませんが、同じ会場を使ってはいますが、1組様として「同じ結婚式」というのはないのです。だからこそ、私達の胸の奥にも、「お手紙読みたくないって言ってたけど、やっぱり読んでよかったって言ってくれてよかった!」とか、「お2人のこだわりはこれだったな。いっぱい悩んで準備したけど満足して頂けてよかったな」とか、「サプライズ成功してよかった!」とか・・・1組1組様の色々な思い出が刻み込まれています。

だから是非、お2人がよろしければ色んなお話しを私たちコーディネーターにしてくださいね!
「私たち別に同じ趣味もないし、特技もないし、これと言って何もないんです」なんていう方もいらっしゃいますが、それぞれ色々な経験をしながら今まで歩んでこられたのですから、客観的にお話しを聞く私たちからすると、お2人にしてみたら何てことないことも、とっても素敵なエピソードだったりして、それが思いがけなくステキな思い出の1ページになったりもするのです。
縁あって結ばれたお2人の、お2人らしい結婚式を一緒に叶えましょう!!

ブライダルコーディネーター  元山 恵子
[PR]
by hgphakone1 | 2007-08-30 14:26 | コーディネーターブログ

Love Letter

c0084760_18591368.jpg夏休みも終わりにさしかかり、たくさんのお子様で賑わったホテルも徐々に落ち着きを取り戻してきました。記録的な暑さも峠を越え、箱根はとても過ごしやすい気候が続いています。
最近よくニュースで、寝苦しい夜はどのような方法で快適な睡眠をとるか?というような特集を見かけます。世の中には色んな方法を考える人達がいるんだなぁ~と感心しています。同じような悩みを抱えてらっしゃる方も多いかと思いますが、箱根に暮らす私たちには少し縁遠いお話です。もちろん毎日エアコン無しで快眠です!その前に・・・新入社員をはじめ、私共の大半の従業員はホテルから約10分程の社員寮で生活をしているんですが、なんとその社員寮にはエアコンもないんです!びっくりですよね(苦笑)。いくら避暑地といっても、やっぱり暑い時は暑いですし、寒い時は寒い訳で・・・。でもみんな文句一つ言わず!?頑張ってくれています。感謝感謝。いつの日かきっと寮にエアコンを完備できるよう、私も頑張ります!

さて、今日はご両親へのお手紙のお話。
通常、ご両親へのお手紙は披露宴や会食の最後に、新郎新婦様より読まれるケースが多いんですが、先日行われた結婚式では、挙式を終えてバージンロードを退場される直前に、新婦様からお母様へ感謝のお手紙を朗読するというサプライズがありました。普段行われないシュチュエーションと慣れない段取りの為、私たちスタッフも終始緊張気味でしたが、これは本当に素敵な式となりました。いい年した私も、扉を挟んだ後ろの方で、恥ずかしながらウルウルしてしまいました・・・。
とにかく素晴らしい式でした。ごく近しい身内の方数名の挙式で、決して派手な演出があった訳ではありません。ごく自然な言葉一つ一つを噛みしめて、お母様に対する心からの感謝の気持ちを丁寧に綴られた手紙には、親と子にしかわからない強い絆を感じました。

最近は「アットホーム」という言葉が多様化され、「身内だから簡単に」とか「肩苦しくない雰囲気で」というご要望も多く聞かれ、こういった趣旨で少人数ウェディングを希望される新郎新婦様もたくさんいらっしゃいます。もちろんこのようなスタイルも、家族水入らずで楽しい時間を過ごすという意味では素晴らしい事だと思います。ただ、それとはまた違った形で厳粛な中での挙式というのも、何にも変え難い感動を呼ぶものだと改めて実感しました。日常では感じられない雰囲気とその場の空気。喜びと不安が入り混じる中での張り詰めた緊張感。なかなか普段の生活では味わえないですよね?大切なその瞬間だからこそ、こういった非日常空間がより価値あるものに変化していくのだと思います。大きな披露宴がなくても、派手な演出がなくても、当館の教会で行われる挙式だけでも十分に「結婚」の素晴らしさを感じて頂けると思います。
様々なご事情で式を挙げられていない方や、今更言い出せない・・・と悩んでいらっしゃる方も、是非当館のスタッフに一度ご相談ください。挙式だけでも全く問題ございません。もちろんお二人だけの結婚式もOKです。下見と相談だけは何度やっても“タダ”ですから(笑)。どうぞお気軽にお問い合わせください。未婚5名+既婚1名の個性豊かなコーディネーター計6名(+未婚マネージャー1名)が皆様をお待ちしています!

ブライダルマネージャー 根本 真吾
[PR]
by hgphakone1 | 2007-08-25 19:08 | コーディネーターブログ

c0084760_19484731.jpgc0084760_19482734.jpg
結婚式に向けて、わたしたちは「両親への感謝」を一番に考え、親族だけの結婚式にしようと、箱根の森高原教会を選びました。
この教会の持つ自然の豊かさ、ぬくもり、神聖さは、結婚式を「お祭り」や「イベント」ではなく、「儀式」として大切に行いたいという私たちの望みをすべて叶えてくださいました。
静寂の中、瞬間瞬間を大切に、式を進めていただき、私達も両親も、静かにその時の流れを感じることができました。また参列者全員が、私たちの気持ちを受け止めてくれたようです。
コーディネーターの林さんをはじめ、私たちの結婚式に携わって下さった全ての皆様に感謝いたします。ありがとうございました!
【追伸】新郎はこの教会で式を挙げたことで、「結婚する」という意識がものすごく高まり、特に式中の指輪交換では震えが止まらなかったそうです。
セレモニーひとつひとつの意味、牧師様の言葉の重みを感じながら、想像以上に薬指の指輪の重みを実感することができたようです。これはたぶん、誰の目もきにすることなく、大切な両親に見守られているという安心感をともに、箱根の森高原教会で、このスタイルで式を挙げることができたからではないでしょうか。

≪スタッフより≫4月に「挙式当日を迎えるまで」のブログに登場していただいたお2人!本当にいろいろとありがとうございました。私も実際に挙式をみていて、お2人の結婚式という「儀式」へのたくさんの想いがとてもよく伝わってきました。新郎様の涙もとてもキレイでしたよ。
厳粛な式の後、フラワーシャワーでの美織さんのひまわりのようなはじける笑顔も一番輝いてました!
これからもお2人仲良くいっぱい妄想して(笑)楽しく明るい家庭を築いてくださいね!
ブライダルコーディネーター 林 めぐみ
[PR]
by hgphakone1 | 2007-08-16 20:04 | 先輩メッセージ

c0084760_1603472.jpgブライダルフェアで教会を見学して、自然美溢れるたたずまいに2人共、一目で気に入りました(^_^)
当日は朝から雨が降っていたので心配していましたが、挙式中には雨もあがり、バルーンリリース等の演出も無事に出来ました。
担当の池田さん他、スタッフの方々には打合せから式当日まで大変お世話になり、とても思い出に残る式にする事ができました。
記念日にはまた行きたいと思います。
ちなみにアジアンルームは最高に良かったです!(^o^)丿

≪スタッフより≫
雨に濡れた緑がさらにきれいに映えてとてもキレイでしたね!
私もアジアンルームはとってもおススメです。
結婚1周年記念旅行などで、ぜひまたアジアンルームに泊まりに来て下さいね!
妹さんとのカワイイけんかエピソードなどもまた聞かせてください☆

ブライダルコーディネーター 池田 悦子
[PR]
by hgphakone1 | 2007-08-16 16:02 | 先輩メッセージ

c0084760_15444686.jpg今日はアジアンルームに1泊。
1年前の今日、ここ箱根の森高原教会で挙式しました。
ここに決めた訳は、彼女が親友と泊まりに来た時にブライダルフェアをしていた。
担当してもらった池田悦子さんの印象がよかったようで、再度くわしく話しを聞きに来たら、また担当してくれたのが池田さんでした。
指名したわけじゃないんですけど、運命を感じてここにしよう!ってことになりました。
その後はなかなか妥協しない私達にペースを合せて頂き、しっかりとした仕切りで笑顔で打合わせし、最高の挙式・披露宴をすることが出来ました。
1つ1つの出逢いを大切にする、ここのスタッフさん達に逢えて本当に良かったです。
これから結婚される予定のみなさんも、一度このコミュニティーにふれてみて下さい。
きっとステキな輪が広がりますよ。

≪スタッフより≫
コミュニティー・・・すてきな言葉ですねぇ~(^O^)
堀内さんを通じてグリーンプラザを知っていただいて、縁あって担当を
させていただいて・・・ご縁で結ばれたコミュニティーというものを
このお仕事をしていると感じることがあり、とても幸せだなぁ、と思います。
親友の久保様にもどうぞよろしくお伝えください!

ブライダルコーディネーター 池田 悦子
[PR]
by hgphakone1 | 2007-08-16 15:46 | 先輩メッセージ

夜の箱根☆

みなさん暑い日が続いておりますが、お元気でお過ごしでしょうか?
箱根も暑い日が続き、最近は少しバテ気味ですが
それでも「箱根は涼しいですね~」とご来館なされる方はおっしゃいます。
箱根に長く住んでいるので、感覚が麻痺してきたのかもしれないです_(._.)_
麻痺と言えば、大涌谷のにおい・・。
当ホテルから車で5分程の距離にあるため、時々硫黄の香りが漂ってくる事があります。
それすらも感じない時があり、どっぷり箱根人になってきました(*^^)v

昨日同僚に誘われ、いざ夜の大涌谷へ!!
あまり詳しくないのですが、“ペルセウス流星群?”を観に行ってきました。
大涌谷は当ホテルよりも高台に位置し、夜は辺り一面真っ暗になるので、
星が大好きな方にはお薦めの場所です☆
大涌谷に着くと思いの外、星が雲に隠れてしまってなかなか観る事が出来ず・・。
そうこうしていると、星の事を忘れすっかり話に夢中になっていました。
そんな時です! ふと窓の外を見ると大きな流れ星がひとつ(◎o◎)/★
そして、その後すぐに2つ\(゜ロ\)(/ロ゜)/
更にしばらくして、もう1つ!! 全部で4回も観ることができました♪♪
でも、あまりにも一瞬の出来事で願い事までは出来ませんでしたが・・。

大涌谷からは富士山も観えます!!
冬の富士山は、夜になると雪が浮かび上がって観えるのでもちろんきれいですが、
夏の夜も麓からも夜間登山者の灯りが線になって観えます。
みなさんも箱根にいらした際には是非、
お昼の箱根だけでなく夜の箱根も楽しんでくださいね\(^o^)/

c0084760_15204418.jpgブライダルコーディネーター  寺田智映子

館内から見える昼の大涌谷 >>>>>>
[PR]
by hgphakone1 | 2007-08-14 15:26 | コーディネーターブログ

『花嫁オーラ』

今日は、6月1日の元山が書いたブログにも登場した言葉、『花嫁オーラ』について、最近発見したことを書きたいと思います。
私も皆様の結婚式のお手伝いをしていて『花嫁オーラ』を感じることが多々あります。
打合せの際から、花嫁様はみんな、幸せが溢れていてとってもステキな表情をされていますが、結婚式当日というのは、また格別な内面から出る美しさを感じるのです。

c0084760_15185772.jpg藤原紀香さん然り、芸能人の方でもTV越しにそれを感じます。
何年も前のお話ですが、吉川ひなのさんが結婚をされた時の会見でも「何かいつもと表情が違う。すごくキレイだなっ!」と感じたことがとても印象的で今でも覚えています。
その時はブライダルのお仕事をしていなかったので、「なんだろう?この輝きはっ!」と思いましたが、あれは花嫁オーラだったんだー、と納得しました。

この『花嫁オーラ』の要素の一つが*緊張感*なのだそうです。
これは、当教会のメイクアップアーティストと「やはり当日は花嫁様は幸せに溢れた笑顔で、格別に美しいですね~」と話していたところ、「当日は緊張が高まるから、お肌も一段とひきしまるんだよ」と教えてもらいました。
なるほど!!と長年のナゾがすっきりと解けました。
私自身も担当のカップルが結婚式当日を迎える日は、いつもよりお化粧のノリが良いような・・気がします。多分(^_^;)
花嫁様の美しい緊張感とは、違う種類のものかもしれませんが、一生の一大イベントに携わらせていただく者として、私もとても緊張感を持って当日を迎えているので、お肌の調子が良くなるのかもしれません。

挙式を身近に控えて、「どうしよう。緊張しちゃうよ~(>_<)」と思っている花嫁のみなさまへ!
緊張していいんです!
いつにない緊張もとっても良い思い出になると思いますし、内面から出る幸せな雰囲気とともに、その緊張感が花嫁様をよりキレイに輝かせてくれるのです。
より輝いたステキな花嫁姿で当日を迎えてくださいね!!

ブライダルコーディネーター   池田 悦子
[PR]
by hgphakone1 | 2007-08-13 15:28 | コーディネーターブログ

いざ!大都会へ

c0084760_2341228.jpg暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
標高850mにある当ホテルは、箱根の中でも避暑地として親しまれ、夏でも快適な高原生活を満喫できる環境にあります。こんな事を軽く口走ってしまうと、よく「こんな環境で仕事ができて羨ましいなぁ~」とか「毎日温泉入れていいですねぇ~」とか・・・色んな事を言われます。やっぱり皆さんもそう思いますか?でも現実はそんなに良いことばかりじゃないですよ。仕事帰りに一杯やりますか?と言って、もちろん車で小田原へ30分。やっと着いたと思ったら、オーダーメニュー「ウーロン茶」。そんな上司の姿をよそに、お酒大好き娘達は、思う存分小田原の夜を楽しみ、その後は万葉の湯で一泊。これが彼女達の王道スタイルです(笑)。

そんな箱根生活を送る中、昨日は久しぶりに新宿へ行ってきました。
それにしても熱かった・・・。箱根人には厳しかったです。
新宿へ行った理由は、1.クリスピー・クリーム・ドーナツの大行列に並び、山で待つコーディネーターに買って帰る。2.麺屋武蔵であじ玉ら~めん。3.来年度新卒者の懇親会に参加。という、私なりの3つの目的を達成する為に行ってきました。しか~し!1番目からつまずいてしまいました・・・。予想以上の大行列に炎天下。しかもスーツを着たオッサンが一人。絶えられませんでした・・・。みんなごめんね。2番目の目標は見事達成!久しぶりでおいしかったです。そして3番目、新卒者懇親会に参加してきました。

当ホテルチェーン全体での採用となる約40名の学生と、各現場スタッフ15名が集まり、美味しい料理を囲みながらのひと時を楽しみました。私は今年で入社8年目になりますが、学生達の少し引きつった表情を見ていると、その当時を思い出し、何だかとても懐かしい気持ちでいっぱいになりました。何とか自分を売り込もうとガンガン自己主張をする学生もいれば、静かにメモを取りながら笑顔で話に聞き入る学生もいる。いろんな個性の集まりでしたが、みんなの目の輝きだけは同じでした。どの学生もこれからはじまる社会人としての生活に夢を膨らませ、サービス大好きオーラがあちらこちらで漂っていました。そんな彼らの純粋な気持ちが羨ましくもあり、彼らから見習うべき点もたくさんある事に気付かされました。
学生の中には、どうしても箱根のブライダルで仕事がしたい!という学生が何人もいて、必死で私にアピールしてくる子もいました(笑)。もちろん私に人事権など一切ありませんので、何をどうこうできる訳ではありませんが、それだけの情熱を持って志望してきてくれるだけでも、大変光栄なことですし、こんな話をすると今のメンバーはきっと今以上に自分の仕事に誇りを持つと思います。学生以上にみんなこの仕事が大好きですから。
憧れの部署として、憧れの職業として、社内外からも一目置かれるような部署に成長できるよう、これからも一層頑張っていこうと心に決めた一日となりました。

ブライダルマネージャー 根本 真吾
[PR]
by hgphakone1 | 2007-08-08 23:45 | コーディネーターブログ

皆様、暑中お見舞い申し上げます!
暑い日が続きますが、夏バテしていらっしゃらないですか?
箱根は、下と比べると、夏でもさわやかな風が吹いたりしているので、私達箱根っ子は、休みの日に下におりると、ものすごい暑さにびっくりしてしまいます(>_<)

暑さに負けないように水分とって、もりもり食べて、乗り切ってくださいね。

夏といえば、暑くてキビシイ季節ですが、私はキライじゃないのです。その理由の1つは、お誕生日があるからです(^。^)先日めでたく誕生日を迎えました♪お祝いしてくれたみんなありがとう!!
そろそろ歳をとるのは、あまり嬉しくない時期なのかもしれませんが^_^;やっぱりおめでたいし、嬉しい大事な日です。毎年、またこうやって笑って誕生日がむかえられることに本当に嬉しく思うし、そうやって育ててくれた三重にいる両親や私を支えてくれている周りのみんなに感謝の気持ちでいっぱいになります。日常でも感じられることですが、1年に1度こうやって改めて、実感できる大切な日だと思っています。(相変わらず泣きそうになりながら(^o^))

直接顔をみて、電話で、メールで・・・おめでとうって言ってもらえて、ありがとうって言えるこの環境はどんなに歳をとってもやっぱり嬉しく幸せなことだと思っています。
こうやって、両親に守られ、大切な人や仲間に支えられて成長する命、その命を、お互いに預け、これからは自分が守って大事にしていくよ。と誓う場所、それが結婚式なんだなぁと思います。
「たった一つしかない尊い命、両親・家族が命をかけて全力で守ってきた命ですよ、その命をお互いに預けあうのです。一生かけて大事にしてくださいね、ご家族・両親にとっての大切な宝を手放し、相手に託すのですからね・・・それをこれからは、一生自分が守り抜くという誓いの場なのですよ。」と牧師先生がいつもお話してくださいます。

人生において、そういう誓いの場って、自分にとってもお相手にとっても、ご両親にとっても仲間にとっても必要な大事な場だと思います。

喜びや手放す寂しさ、期待、感動、緊張・・・いろんな感情が交じりあって、より一層神聖さと厳粛さが増して、あの結婚式当日の雰囲気になるんだなぁ・・・
そう思うとさらに、結婚式ってなんて幸せなイベントなんだろう・・・(感涙)

ブライダルコーディネーター 林 めぐみ
[PR]
by hgphakone1 | 2007-08-06 15:22 | コーディネーターブログ