気持ちを伝えること

ここ数日は梅雨らしいお天気が続いていて、箱根名物のアジサイが、一日ごとにつぼみを大きくしています。合間の日差しにはすでに夏の気配を感じるような…。
先月挙式をされた方のお話を今日はさせて頂きます(^_^)お互いを思う気持ちがとても伝わってきた結婚式でした。

それは結婚式までもう間もなくとなってきた頃…。ご新郎様から1本の電話がありました。
新婦には内緒で、余興を一つ入れたいのだけれど、と。そして、数日後には花嫁さまから、新郎には内緒で、プレゼントがあるんです、と。
お互いがお互いにサプライズ!とってもステキ♪です。

そして迎えた当日、宴もたけなわになった頃、こっそりお着替えをすませた新郎様の余興が始まりました。内容はパントマイム。イメージ貧困な私はエスカレーターを降りたり、空気の壁を触ったり…しか思い浮かびません(~_~;)。なので、パントマイムとはお伺いしていましたが、ご新郎様の余興もおもしろ系かと実は当日まで思っていました(スミマセン…)。始まってみると、それは一つの物語になっていて、人間の女の子に恋をした操り人形が、糸を切り心臓をもらって人間の男の子となって愛を伝えにいく、という内容のものでした。お話からもご新郎様の1つ1つの動作からも、花嫁さまへの気持ちをすっごく感じました。誰にも内緒で、一生懸命練習をされてきたそうです!ゲストも感動。私も感動。横を見ると介添えのスタッフも感動してウルウルです。
介添えのスタッフからその後教えてもらったのですが、パントマイムとはもともと「気持ちを伝えるもの」なのだそうです。その通り、ご新郎様の気持ちがすごく伝わってくる感動的なパントマイムでした!!
その後、新婦様から新郎様へのプレゼント。新婦様が描いた絵でした。とっても温かいかわいい絵で、上手だな~絵を描くのが得意なんだろうな~と思っていたら、普段は全く描かない、とのこと。逆にご新郎様は絵を描かれることがあるそうなのですが、結婚式では新婦様が絵を描いてプレゼント。自分が得意なものをするのではなくて、相手の好きな絵を、一生懸命書いてプレゼントする、という姿にすごく健気で(同じ女性として見習わなくては…)愛を感じました♪

新郎新婦様のみならず、ご両親からも様々なサプライズプレゼントや演出がありましたが、ご両親への記念品贈呈の場面では、お二人からの贈呈の後に、ご両親から新郎新婦様へなんと「へその緒」をプレゼントする場面も!
牧師先生が言っていた「結婚式で両親は一番大事な宝物であるわが子を手放すのですよ。ですから二人は絶対に幸せになってください」という言葉を思い出しました。ご両親もきっとそんな気持ちだったのでしょう(*^_^*)

ご新郎ご新婦様のお互いを大切にする気持ち、ご家族の愛など、それぞれを思う気持ちがすごく伝わってくる結婚式でした。
普段の生活の中で、家族に感謝する気持ち、大事な人を想う気持ちはもちろん常にあるけれど、それをなかなか伝える機会ってないんじゃないかな~と思います。

結婚式は、結婚を誓う場だけではなくて、お互いの気持ちを伝えるセレモニーでもあるのだなぁ、としみじc0084760_18102963.jpgみと感じました(^-^)

ブライダルコーディネーター
池田 悦子
[PR]
by hgphakone1 | 2008-06-25 18:43 | コーディネーターブログ