挙式を迎えるにあたって~花嫁さまのキモチ~

来週に挙式を控えた花嫁さまから頂いたメールをご紹介したいと思います。
なんだかじーんときました。
挙式を間近に控えて、文章では書ききれないたくさんの想いがあります。みんな同じじゃないけど、ちょっと不安だったり、ドキドキだったりワクワクだったり・・・

「昨日、和歌山組の親族に新大阪までの特急列車と新幹線の切符を送りました。
今日届いたとの電話があったのですが、服装はどうしたらいいかな?とか鞄はキャリーにしようか手持ちにしようか・・・等
それなりに楽しみにしてくれているみたいで私も嬉しくなりました。
実は、結婚が決まって式をする場所を決める時に、やっぱり交通の便のいい新横浜や東京駅近くのホテルにしたら??
なんて意見もあったのですが、私が「絶対箱根がいい!」と言って譲らなかったんです。だって、関東方面でするっていう事は決定だったので、
関西からわざわざそんな遠いところまで行ってもらう親族の事を考えたら、街中のホテルよりも温泉も自然もある箱根がいいって思って。
それに、親族中心だったんですがご年配の方が多く、
なお更都会よりも箱根がいいって思ったんです。そして素敵な教会と林さんに出会ってここで挙げたい!って思ったんです。
ですが、日も近づき、いざ切符の手配を・・・と思いいろいろ調べるにつれて、やっぱり関西から(まして和歌山からだとなおの事)箱根って遠いんですよね。。。
新幹線の時間も限られるし、みんな17日の帰りもすっごく遅くなりそうだし・・・って事がわかるにつれてだんだん後悔の方が強くなりました。
自分のワガママばかり通さないでもっと周りの意見にも耳を傾けるべきだったなぁ・・・って反省もしました。
そんな不安な気持ちを抱えながら親族それぞれに両親から新幹線の時間について等の詳細を連絡してもらったのですが、
殆どの人があっさり「そんなの大丈夫よ!」って言ってくれたみたいで本当に嬉しかったんです。
そして、今日のように持ち物や服装、体調管理等みんなそれぞれ考えたり気をつけたりしてくれているのを感じると私もとっても嬉しいと同時に
やっぱりワガママ言ってよかった!って思いました(^^)
あとは当日たくさんゲストの笑顔が見られるよう、残された時間は限られていますが精一杯頑張りたいです!」

お二人のおもてなしの気持ちは絶対伝わると思います。その気持ちを伝えるのに、少しでもお役にたちたいと思っています!
もちろん一番は、お二人の幸せいっぱいの笑顔です。
旅から帰っての疲れは、きっとしんどい疲れじゃないですよ!充実感いっぱい、満足感いっぱいのハズです。
そのためにはお二人が楽しむことが一番です!私も結婚式に行って感じました。とびっきり幸せそうな二人をみてると、伝わるってホントだなって。

ブライダルコーディネーター
林 めぐみ
[PR]
by hgphakone1 | 2007-11-13 19:30 | コーディネーターブログ