Love Letter

c0084760_18591368.jpg夏休みも終わりにさしかかり、たくさんのお子様で賑わったホテルも徐々に落ち着きを取り戻してきました。記録的な暑さも峠を越え、箱根はとても過ごしやすい気候が続いています。
最近よくニュースで、寝苦しい夜はどのような方法で快適な睡眠をとるか?というような特集を見かけます。世の中には色んな方法を考える人達がいるんだなぁ~と感心しています。同じような悩みを抱えてらっしゃる方も多いかと思いますが、箱根に暮らす私たちには少し縁遠いお話です。もちろん毎日エアコン無しで快眠です!その前に・・・新入社員をはじめ、私共の大半の従業員はホテルから約10分程の社員寮で生活をしているんですが、なんとその社員寮にはエアコンもないんです!びっくりですよね(苦笑)。いくら避暑地といっても、やっぱり暑い時は暑いですし、寒い時は寒い訳で・・・。でもみんな文句一つ言わず!?頑張ってくれています。感謝感謝。いつの日かきっと寮にエアコンを完備できるよう、私も頑張ります!

さて、今日はご両親へのお手紙のお話。
通常、ご両親へのお手紙は披露宴や会食の最後に、新郎新婦様より読まれるケースが多いんですが、先日行われた結婚式では、挙式を終えてバージンロードを退場される直前に、新婦様からお母様へ感謝のお手紙を朗読するというサプライズがありました。普段行われないシュチュエーションと慣れない段取りの為、私たちスタッフも終始緊張気味でしたが、これは本当に素敵な式となりました。いい年した私も、扉を挟んだ後ろの方で、恥ずかしながらウルウルしてしまいました・・・。
とにかく素晴らしい式でした。ごく近しい身内の方数名の挙式で、決して派手な演出があった訳ではありません。ごく自然な言葉一つ一つを噛みしめて、お母様に対する心からの感謝の気持ちを丁寧に綴られた手紙には、親と子にしかわからない強い絆を感じました。

最近は「アットホーム」という言葉が多様化され、「身内だから簡単に」とか「肩苦しくない雰囲気で」というご要望も多く聞かれ、こういった趣旨で少人数ウェディングを希望される新郎新婦様もたくさんいらっしゃいます。もちろんこのようなスタイルも、家族水入らずで楽しい時間を過ごすという意味では素晴らしい事だと思います。ただ、それとはまた違った形で厳粛な中での挙式というのも、何にも変え難い感動を呼ぶものだと改めて実感しました。日常では感じられない雰囲気とその場の空気。喜びと不安が入り混じる中での張り詰めた緊張感。なかなか普段の生活では味わえないですよね?大切なその瞬間だからこそ、こういった非日常空間がより価値あるものに変化していくのだと思います。大きな披露宴がなくても、派手な演出がなくても、当館の教会で行われる挙式だけでも十分に「結婚」の素晴らしさを感じて頂けると思います。
様々なご事情で式を挙げられていない方や、今更言い出せない・・・と悩んでいらっしゃる方も、是非当館のスタッフに一度ご相談ください。挙式だけでも全く問題ございません。もちろんお二人だけの結婚式もOKです。下見と相談だけは何度やっても“タダ”ですから(笑)。どうぞお気軽にお問い合わせください。未婚5名+既婚1名の個性豊かなコーディネーター計6名(+未婚マネージャー1名)が皆様をお待ちしています!

ブライダルマネージャー 根本 真吾
[PR]
by hgphakone1 | 2007-08-25 19:08 | コーディネーターブログ