ジューンブライド by沓間


ブログをご覧の皆様、こんにちは!
いつの間にやら梅雨入りしていましたね。


箱根の森高原教会ではただ今、つつじが綺麗に咲いております^^



c0084760_1844279.jpg



c0084760_187621.jpg




とても綺麗ですね!つつじに囲まれたチャペルは一段と素敵です!





6月といえば、”ジューンブライド”とよく言われますね!
よく聞く言葉ではございますが、一体どんな意味なのでしょうか?

ジューンブライド(june bride)を直訳すると6月の花嫁、6月の結婚。
欧米では古くから6月に結婚すると生涯幸せな結婚生活ができる
という言い伝えがあるそうです。その由来は様々な説があるそうで、
代表的な3つをご紹介していきますね!



女神「JUNO」説


6月の月名である「JUNE」と、ローマ神話で結婚をつかさどる女神である「JUNO」に
由来しており、6月は結婚や女性の権利を守護する「JUNO」の月。
この月に結婚する花嫁はきっと幸せになるだろう、という言い伝えです。

気候・季節説


ヨーロッパの6月は1年の中で最も雨が少ない月で、気候なども適しています。
また、「復活祭」が行われる月でもあるため、ヨーロッパ全体がお祝いムードとなるので、
多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになるだろう、という言い伝えです。

結婚解禁説


農作業の妨げとなることから、ヨーロッパでは3月、4月、5月の3ヶ月間は
結婚が禁じられていました。そのため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多く、
その分祝福も多かったため、多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになれるだろう、
という言い伝えです。




日本でも、このようなロマンチックな言い伝えが知られていき
6月に挙式を挙げる方が多くなっていったのですね^^



6月は梅雨ということで、なかなか雨天の日が多いですが
箱根の森高原教会では、チャペルの正面に見える緑がより際立ち、
より一層素敵になります。
皆様も是非、チャペルのご見学へお越しください!



最後に、先日の富士山と夕日の写真をのせますね!とても綺麗です★



c0084760_18471933.jpg

[PR]
by hgphakone1 | 2016-06-13 18:04 | コーディネーターブログ | Comments(0)